今週の県下の釣り情報

東部エリア

 室戸岬の磯は、グレの30~38㎝クラスにイシダイの40㎝前後が交じってよく釣れており、沖のクイではグレ35匹にイシダイ3匹!フタアナではグレ25匹など各磯で10~20匹の釣果!
 室戸岬港離岸堤も、内向き外向きともにグレがよく釣れており、45cmクラスもまじる。他にイサギやシマアジも。
 


中部エリア

宇佐の一文字堤防は、フカセ釣りでチヌの42㎝や35㎝までのグレ4匹にヒラスズキの58cmなど釣った人もいた。アジの泳がせ釣りではヒラメもボツボツ。中堤防ではメタルジグやミノーでヒラスズキが5本あがっていた。
上ノ加江の磯では各ハエで30~40㎝クラスのグレが一人3~5匹程の釣果!40~45㎝クラスのチヌもまじる!



西部エリア

沖ノ島の磯は、年明けもイサギが数釣れており、姫のマサエバエではグレ1匹にイサギ20匹!二並のスクモバエではグレ4匹にイサギ50匹の大漁など、各磯で10~20匹の釣果!ノコの3番では尾長グレの54cmも上がった。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

 室戸岬の磯は、グレの30~38㎝クラスがよく釣れており、沖のクイではグレ22匹にイシダイの35㎝クラスを2匹!フタアナでは41㎝の尾長グレを頭に32匹!芝バエでは3人でグレ50匹!などで、他にシマアジや71cmのタマメなどあがっていた。
 室戸岬港離岸堤も、内向き外向きともにグレやイサギがよく釣れていた。
 


中部エリア

宇佐の一文字堤防は、フカセ釣りでチヌの30~45㎝が一人3匹程の釣果!アイゴやボラもまじる。アオリイカのエギングでは500~800gがボツボツ。ガシラ釣りもよく釣れていた。中堤防でもチヌの30~42cmが2~3匹!他にメタルジグで71cmのメジロを釣った人もいた。
上ノ加江の磯では各ハエで30~40㎝クラスのグレが一人3~6匹程の釣果!40~45㎝クラスもまじる!場所のよってはシマアジも混じって2ケタ釣果の人も。



西部エリア

沖ノ島の磯は、イサギが数釣れており各磯で10~20匹の釣果!東のハナの低場ではイサギ25匹や、ムロの船着きではグレ7匹にイサギ20匹など。また、大晦日には裸島の船着きで尾長グレの59.5cmが上がった他、元旦にはノコまわりのチョボで尾長グレの50㎝も出た。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

 室戸岬の磯は、いい感じの上り潮でグレの30~38㎝クラスがよく釣れていた。沖のクイでは一人でグレ27匹!フタアナでは46匹!マルバエでは二人でグレ64匹!芝ハエでは42匹!それに、イシダイの40㎝前後もフカセ釣りでまじる。
 室戸岬港離岸堤も、内向き外向きともにグレやイサギがよく釣れており40㎝前後のイシダイもまじる。
 


中部エリア

宇佐の一文字堤防は、フカセ釣りでチヌの30~40㎝が一人3匹から6匹程の釣果!チヌの40㎝オーバーやグレの30cmクラスも時折まじる。ガシラ釣りでは、70匹と大漁の人もいた。アジの活き餌釣りではアオリイカの他にヒラメの50㎝が上がった。また、中堤防でもバイブレーションで55cmのヒラメを釣った人もいた。
須崎の磯では小島や神島の大バエで40㎝オーバーのグレもボツボツ。



西部エリア

沖ノ島の磯は、イサギの数釣りが復活!三ノ瀬2番でグレ2匹にイサギ25匹や2番のウラでイサギ40匹、3番ではイサギ80匹の爆釣!

今週の県下の釣り情報

東部エリア

 室戸岬の磯は、グレの30~38㎝クラスが釣れておりウモレでは14匹、フタアナでは3人で30匹、コバエでは一人で29匹などでイサギもまじる。 室戸岬港離岸堤では、内向き外向きともにグレやイサギがよく釣れておりクーラー一杯の人も。



中部エリア

宇佐の一文字堤防は、フカセ釣りでチヌの30~40㎝クラスが釣れており、3~6匹ほどの釣果!グレ狙いでは30cmまでが多くコッパグレも多い。アイゴやイガミ、ヘダイもまじる。ガシラ狙いでは80匹釣った人もいた。他に、投げ釣りでは15~21センチのキスもボツボツ釣れており、多い人で30匹程の釣果。アオリイカはエギングで400~700gがボツボツ!
上ノ加江の磯は、30~40㎝のグレが一人3~5匹程の釣果!40~45㎝クラスも時折まじる。他にイサギもボツボツ!



西部エリア

沖ノ島の磯は、二並まわりではイサギが30匹など、まだイサギが数釣れている所もある。グレは、ムロバエの船着きで20匹や、三ノ瀬2番の裏で45~52㎝の良型も交えて尾長7匹など。
鵜来島の磯は、水島まわりで50㎝前後のグレがボツボツ出ている。またイサギやハマチもまじる。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

 室戸岬の磯は、グレの30~38㎝クラスが釣れており各磯5~15匹程の釣果だが、沖のクイでは一人でグレ25匹にアイゴやシマアジ、イガミなど交えて釣っている人もいた。
 室戸岬港離岸堤では、内向き外向きともにグレやイサギがよく釣れており中には40~45㎝の良型グレもまじる。
 



中部エリア

宇佐の一文字堤防は、フカセ釣りでアイゴやイガミ、ヘダイなど多くチヌは30~44㎝を4匹釣った人がいた。グレ狙いでは30cmクラス2匹に後はコッパグレが多かったよう。他にワームで40㎝のネイリを釣った人や、中堤防ではワームで48cmのヒラメを釣った人もいた。



西部エリア

沖ノ島の磯は、グレを2匹にイサギを15匹などの釣果が目立つ!二並の東のハナ高場では尾長グレの55cmと58cmの良型も上がった。
鵜来島の磯もイサギが多く、ひとつのハエで60匹釣れた日もある。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

 室戸岬の磯は、グレの30~38㎝クラスが釣れており各磯5~15匹程の釣果だが、沖のクイでは一人で44匹!他にシマアジやイサギもまじって釣れていた。
 室戸岬港離岸堤では、内向き外向きともにグレやイサギがよく釣れており、シマアジやナンヨウカイワリもまじる。
 



中部エリア

宇佐の一文字堤防は、フカセ釣りのチヌは30~38㎝が一人3~4匹の釣果!グレ狙いでは30cmクラス2匹に43㎝の良型を釣った人もいた!他にアイゴやヘダイ、コッパグレも多い。投げ釣りでは15~23cmのキスを45匹釣った人もいた。



西部エリア

沖ノ島の磯は、あちこちの磯でグレを3~4匹にイサギを10~20匹の釣果が目立つ!他にヤイトガツオもまじる!尾長グレの50cm前後もボツボツ!
鵜来島の水島回りで尾長グレがよく、二番の壁では尾長グレの64cmを頭に50㎝オーバーばかり5匹の人や、チョボ奥では50㎝を頭にグレ8匹の人などいた。ほかにグレやイサギ、タマメなど。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

 室戸岬の磯は、少し水温も下がったようで喰いもやや渋め!それでもグレの30~35㎝クラスはボツボツ釣れており、各磯5~10匹程の釣果!他にシマアジ、イサギ、アイゴ、ナンヨウカイワリもまじる。
 室戸岬港離岸堤では、内向き外向きともにグレやイサギがよく釣れており、シマアジもまじる。
 



中部エリア

宇佐の一文字堤防は、フカセ釣りのチヌはボツボツ!40㎝クラスを釣った人もいたがアイゴ、ボラ、タイゴ、等も多い。今週はマダイの45㎝をルアーで釣った人もいた。中堤防では、キビナゴのエサでヒラスズキの60cmを2匹釣った人や、ルアーでネイリの59cmを釣った人などいた。



西部エリア

 上ノ加江の磯では、大津崎や黒ハエでイシガキダイの40㎝までのサイズが一人2~3匹!黒ハエでは47cmを釣った人もいた。グレは各磯で30cm前後がボツボツ!
沖ノ島の磯は、二並東のハナ高場で尾長グレの50cmが出た他、グレやイサギもボツボツ!

今週の県下の釣り情報

東部エリア

 室戸岬の磯は、今週磯上がり出来た日は2日!グレの30~38㎝クラスはよく釣れており、フタアナでは29匹にイサギ9匹、ハゲバエで20匹などで他に、アイゴやシマアジもまじる。
 室戸岬港離岸堤では、内向き外向きともにグレやイサギがよく釣れていた。



中部エリア

宇佐の一文字堤防は、フカセ釣りでチヌの30~35㎝クラスが1人3~5匹程の釣果!グレ狙いでは25~27cmクラス5匹に30~38㎝5匹で10匹の人もいた。タイゴ、アイゴ、ヘダイもまじる。アジの活き餌やルアーではハマチの40~60cmクラスもボツボツ出ており、今週はルアーで82cmの良型も上がった。エギングやアジの活き餌でのアオリイカ釣りは400g~900gがボツボツ。キスの投げ釣りは、週初めによく釣れた日もあり、15~23cmを一人で80匹の人も。



西部エリア

沖ノ島の磯は、二並や三ノ瀬でイサギがよく釣れており12~15匹の人やクーラー一杯の人もいた。裸島の船着きでは尾長グレの53.5㎝もでた。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

 室戸岬の磯は、磯上がり出来る日は少ないが行ければグレの30~35㎝クラスがよく釣れており、10~30匹の釣果!他に、イサギ、アイゴ、タマメ、ナンヨウカイワリもまじる。底物狙いでは、35~39センチのイシダイ、イシガキダイが3匹ほど。
 室戸岬港離岸堤では、内向き外向きともにグレやイサギがよく釣れており、35リッタークーラー一杯の釣果!他に、スマガツオやナンヨウカイワリもまじる。
 



中部エリア

宇佐の一文字堤防は、フカセ釣りでチヌの30~35㎝クラスが1人3~4匹程の釣果!それにグレの35cmクラスやタイゴ、アイゴ、ヘダイもまじる。今週はマダイの50㎝も出た。他にエギングやアジの活き餌でアオリイカの200g~800gもボツボツ。



西部エリア

沖ノ島の二並東のハナの高場では、尾長グレの58.5㎝と55cmにイサギ10匹の人や、低場で尾長グレ46cmにイサギ8匹など好釣果が聞かれた。一つバエ回りでは40㎝オーバーのグレ4匹にイサギ10匹以上の人もいた。白岩回りではシマアジやモンズマなども釣れていた。



河川全域

 

今週の県下の釣り情報

東部エリア

 室戸岬港の堤防では、ライトカゴ釣りでイサギやグレがよく釣れており、合わせて10~20匹の人もいた。ハマチなどもまじる。



中部エリア

 高知沖の船釣りは、テンヤ釣りで真鯛の30~40㎝前後中心に60~70㎝クラスもまじえて、よく釣れていた。他にチダイやヘダイ、ネイリ、コロダイなどもまじる。

宇佐の一文字堤防は、フカセ釣りでチヌの30~40㎝クラスが1人3~4匹程の釣果!多い人で7匹程!グレの30cmクラスやアイゴやヘダイもまじる。他にエギングのアオリイカも500gほどの型がボツボツ。
上ノ加江の磯は、西磯長ハエで43cmまでのイシガキダイやイシダイが一人3~4匹の釣果!上物は30cmクラスのグレやシマアジもボツボツ出ている。コッパグレも多いよう



西部エリア

沖ノ島の二並東のハナ高場では、尾長グレ47㎝を頭にグレ5匹とイサギ14匹や白岩クボリで石鯛50㎝2匹と石垣鯛1匹など目立った釣果だった。
鵜来島の磯は、水島まわりで尾長グレの50cm前後がボツボツ釣れておりイサギやモンズマなどもまじる。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

 室戸岬港離岸堤では、外向き内向きともにイサギやグレ、シマアジがよく釣れており合わせて36匹の人もいた。ルアーでモンズマや、底物はイシガキダイがよく釣れていた。



中部エリア

 高知沖の船釣りは、テンヤ釣りで真鯛の30~40㎝前後中心に50~60㎝クラスもまじえて、よく釣れていた。他にイトヨリ、マハタ、オオモンハタ、アオハタなどもまじる。

宇佐の一文字堤防は、フカセ釣りでチヌの30~40㎝クラスが1人3~5匹程の釣果!グレの30cmクラスやアイゴやヘダイもまじる。他に堤防際狙いのガシラも一人で46匹釣った人もいた。

今週、宇佐では天皇陛下のご来高もあり、「豊かな海づくり大会」が開催される!その為、警察や海上保安庁の警備も厳しく船舶の航行や港や堤防の使用に自粛が求められています。奥田釣具さんの沖堤防への渡船も26日(金)27日(土)28日(日)はお休みだそうですのでご注意ください。

上ノ加江の磯も秋磯シーズンが始まったようだが、まだまだコッパグレも多いよう、それでも35cmまでのグレもボツボツ出ていた!ほかにムロアジやシマアジもまじる。



西部エリア

鵜来島の磯は水島まわりで尾長グレが良くなってきた48~53cmがボツボツ釣れているが、58cmを頭にグレ10匹以上の人もいたようだ。他のハエもモンズマ、ネイリ、ハガツオ、ハマチなど釣れていた。

武者泊の磯では本バエ周辺でグレがよくなってきた!40㎝オーバー4匹含め、33~46センチを11匹釣った人もいた。



河川全域

 

今週の県下の釣り情報

東部エリア

 室戸岬の磯は、いよいよ秋磯シーズン開幕!今週は35cmまでのグレがフタアナ沖向きで17匹にイサギ3匹!ウモレではグレ5匹にイサギ12匹!コバエはグレ8匹にイサギ13匹など大漁!底物も大バエで30~45㎝の石鯛&石垣鯛合わせて10匹の人もいた。室戸岬港離岸堤では、外向きでイサギやグレ、ルアーでモンズマなど!底物はイシガキダイがよく釣れていた。



中部エリア

 高知沖の船釣りは、テンヤ釣りで真鯛の30~40㎝前後中心に60㎝クラスもまじえて、よく釣れていた。他にイトヨリ、コロダイ、ニベ、ヘダイ、キビレ、などもまじる。
宇佐の一文字堤防は、浜の方でキスがよく釣れており一人で71匹や二人で150匹など好釣果が出ていた!他に堤防際狙いのガシラも一人で60匹上げている人もいた。



西部エリア

鵜来島の磯は水島まわりのチョボ奥で55cmの尾長グレを頭にグレ9匹の人もいた。他にグンカンではイサギにモンズマ、ネイリ、サバなど釣れていた。
武者泊の磯では沖磯でイサギがよく釣れており、一人で23匹にヤズ、オオモンハタ、スマガツオなど釣れていた。



河川全域

 

今週の県下の釣り情報

東部エリア

 室戸岬港離岸堤では、外向きでイサギや40㎝までのグレが、内向きではグレやイサギ、シマアジがよく釣れていた。他にネイリやハマチ、モンズマ、など回遊魚も出ていた。



中部エリア

 高知沖の船釣りは、テンヤ釣りで真鯛の40㎝前後中心に50㎝~60㎝クラスもまじえて、よく釣れていた。他にネイリ、オオモンハタ、アオハタなどもまじる。

 宇佐の一文字堤防は、フカセ釣りで小型のアイゴやチャリコが多く、チヌは30~40㎝がボツボツ。ヘダイは20~45㎝が釣れていた。
 中堤防で、キビナゴのエサでネイリの45cmを釣った人もいた。



西部エリア

鵜来島の磯は水島まわりの夜釣りで、スマガツオ、モンツキイサギ、サバなど釣れていた。
武者泊の磯では本バエ周辺でイサギがよく釣れており、一人で12匹や3人組でイサギ22匹にタカベ14匹の組などいた。



河川全域

 

今週の県下の釣り情報

東部エリア

 室戸岬港離岸堤では、台風通過で釣りに行けた日も少ない。海も落ち着けば、遠投カゴ釣りでグレやイサギ、シマアジ!ルアーではネイリやハマチ、スマガツオなど狙えそう。



中部エリア

 高知沖の船釣りは、テンヤ釣りで真鯛の40㎝前後中心に50㎝~60㎝や70cmクラスもまじえて、よく釣れていた。他にチダイやヘダイ、キビレ、ネイリ、オオモンハタ、など多彩に釣れていた。

 宇佐の一文字堤防は、フカセ釣りで小型のアイゴやコッパグレが多く、チヌやヘダイはボツボツ。ボラもまじる。
 中堤防でもヘダイやアイゴはボツボツで!サビキ釣りのアジゴも、もうひとつ。他にゲンナイのエサでネイリの45cmを釣った人もいた。

 浦ノ内湾内の船のハイカラ釣りでは45cmまでのヘダイやコロダイ、タイゴなど釣れており、場所によっては真鯛も出ていた。キス狙いでは、ニロギにアマギ、タイゴにベラなどいろいろ釣れて楽しめそうだ。

 須崎野見湾の船釣りは、湾内外のライトジギングでネイリの40㎝クラスがよく釣れていた。場所によってはオオモンハタのよく釣れた所も。
船エギングでは、極々たまにアオリイカの1.2Kgの良型も出たが、ほとんどは500gまでの型!お持ち帰りサイズはまだ少ない。



西部エリア

県西部は台風明けに期待!したいところ。



河川全域

 

今週の県下の釣り情報

東部エリア

 室戸岬港離岸堤では、すでに波も高くなりはじめ釣りには危険かも!!また、海も落ち着けば、ルアーではネイリやハマチ、スマガツオなど釣れそう。歩いて行ける近くの堤防も波には要注意。



中部エリア

 高知沖の船釣りは、テンヤ釣りで真鯛の40㎝前後クラスがよく釣れており、50㎝~60㎝オーバーもまじる。他にネイリやオオモンハタ、アオハタなど多彩に釣れていた。
 宇佐の一文字堤防では、フカセ釣りで30cm~40㎝チヌやグレの30~35cmが釣れていた、他に小型のアイゴやコッパグレは非常に多い。アオリイカはエギングで500~600gがボツボツ上がっており、740gを頭に7ハイ釣った人もいた。ルアーではハマチの40㎝クラスも出ていた。
 中堤防でもチヌやグレはよく上がっており、多い人では10匹程の釣果!サビキ釣りではアジゴもボツボツ。



西部エリア

鵜来島の磯では、ルアー釣りでネイリやスマガツオ、ハガツオ、など回遊魚が当たっていた。
 武者泊の磯は、3人組でイサギ80匹にタカベ20匹の組もおりまだイサギの数釣りが楽しめそうだ。



河川全域

 

今週の県下の釣り情報

東部エリア

 室戸岬港離岸堤では、内向きでグレやイサギ!底物はイシガキダイが釣れていた。ルアーではネイリやハマチ、スマガツオ(モンズマ)など釣れており、多い人では2ケタ釣り!歩いて行ける近くの堤防でもネイリ、ハマチは釣れていた。



中部エリア

 高知沖の船釣りは、テンヤ釣りで真鯛の25~50㎝クラスがよく釣れており、多い人では8人組で真鯛80匹程の釣果。60㎝クラスもまじる。他にチダイ、ヘダイ、オオモンハタ、ネイリなどもまじえて多彩に釣れていた。
 宇佐の一文字堤防では、フカセ釣りで小型のアイゴがよく釣れ30匹ほど釣る人も!チヌはフカセ釣りや落とし込み釣りで、30cm~45cmの型が4~5匹!40~50㎝クラスのネイリも一人1~3匹釣れていた。投げ釣りのキスは10匹ほど。



西部エリア

鵜来島の磯では、ルアーや泳がせ釣りでネイリやカンパチ、スマガツオ、ハガツオ、など回遊魚が当たっていた。
 武者泊の磯は、3人組でイサギ80匹の組もおりまだイサギの数釣りが楽しめそうだ。沖磯では33~45cmのグレ7匹の人もいた。



河川全域

 

今週の県下の釣り情報

東部エリア

 今週は悪天候の為、東部の情報はありません。海も落ち着いてくれば、これから遠投カゴ釣りなどでシマアジやイサギ、グレが期待できるでしょう。



中部エリア

 高知沖の船釣りは、テンヤ釣りで真鯛やチダイ、ヘダイ、オオモンハタ、ネイリ、ヘダイ、コロダイなど多彩に釣れていた。ただ場所によってはサメのいる所もあり、釣りあげたら鯛の頭だけだったりすることも。
 宇佐の一文字堤防では、フカセ釣りで小型のチヌやアイゴがよく釣れていた。中には、30センチ台の型や、40センチクラスのヘダイもまじる。他に60㎝のヒラスズキや、40~50㎝クラスのネイリも釣れていた。   
 浦ノ内湾内の船釣りは、キス、真鯛、ヘダイ、キビレ、エバ、アジ、イシモチなど多彩に釣れていた。釣ったキスをエサにネイリを釣った人もいた。



西部エリア

鵜来島の磯では、ルアーや泳がせ釣りでネイリやスマガツオ、ハガツオ、など回遊魚が当たっていた。
 武者泊の磯は、3人組でイサギ60匹の組もおりまだイサギの数釣りが楽しめそうだ。



河川全域

 川は、ニゴリも出て増水している所もあるので、川の近くのオトリ屋さんなどで、よく情報など聞いてから安全な釣行を心掛けましょう。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

 今週悪天候の為、東部の情報はありません。これから遠投カゴ釣りなどでシマアジやイサギが期待できるでしょう。



中部エリア

 高知沖の船釣りは、テンヤ釣りで真鯛やチダイ、ヘダイ、キビレ、オオモンハタなど多彩に釣れていた。
 宇佐の一文字堤防では、フカセ釣りでチヌやグレがよく釣れていた。型は、27~34センチほどで、チヌ6匹にグレ9匹の人や、多い人ではグレ23匹の人も!他にアイゴやボラに40~50㎝クラスのネイリも釣れていた。中堤防のカマスは皆さん20匹ほどの釣果!他に中堤防で30~45のチヌを7匹釣った人もいた。
 浦ノ内湾内の船釣りは、ハイカラ釣りでヘダイがよく釣れており、チヌやキビレ、タイゴなどまじる。



西部エリア

県西部の方は、台風の影響で磯はお休みの日が多かったが、それ以前には鵜来島の磯で、ルアーでスマガツオ、ハガツオ、など回遊魚が当たっていた、またキハダやヒラマサのアタリもあったようだが、バラシもあり取り込めてないようだ。他にムロアジのエサで泳がせ釣りは、正体不明のバラシ連発だったらしい。
 武者泊の磯は、台風明けにイサギ20の人もいた。



河川全域

 

今週の県下の釣り情報

東部エリア

 東部の情報少なく、台風後に期待!

中部エリア

 高知沖の船釣りは、テンヤやタイラバでマダイの50~60cmクラスがよく釣れており、60㎝オーバーもまじる。他にチダイやコロダイ、ヘダイ、などもまじる。
 宇佐の一文字堤防では、上物はチヌがよく釣れており10匹以上釣る人もいるが30cm以下の小型が多い!40㎝前後はポツポツ!他にアイゴやタイゴ、コッパグレなども多い。ネイリの40~50㎝や、コロダイの60㎝も出ていた。中堤防のカマスはちょっと少なめ、ガシラはよく釣れていた。小型のチヌもボツボツ!
 浦ノ内湾内の船釣りは、キス・イシモチ・タイゴ・アマギ・ニロギなど多彩に釣れており、多い人ではキスを30匹の人もおり、20~25cmの良型も結構まじっていた。



西部エリア

 鵜来島の磯は、シイラやハガツオ、スマガツオ、カイワリなど回遊魚系がボツボツ釣れていた。
武者泊の磯はイサギがよく釣れており二人組で30匹~タカベまじりで40匹など。底物は40~45cmの石鯛がボツボツ。



河川全域

 吉野川本流の鮎友釣りは、場所により2ケタ釣れる所もあるが、早明浦ダムの放水時間と放水量をよくよく確認の事!釣果のみならず安全釣行を心掛けましょう。
 仁淀川の鮎友釣りは、小型が多いと言いつつも、まずまずの型もおり良い人では50匹以上掛けるひとも。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、今週も海は荒れ模様で釣りも出来なかったようだ。海も落ち着けば、ルアーでシイラやネイリ!遠投カゴ釣りでグレやイサギ、シマアジなど狙えそう。



中部エリア

高知沖の船釣りは、テンヤ釣りでマダイの30~40㎝クラスがよく釣れていた!他にチダイ、レンコダイ、などもまじる。真鯛のポイントより浅瀬のポイントでは、ネイリもよく釣れていた。
宇佐の一文字堤防では、今週悪天候で釣りに行けてない日もあったが、週初めにはチヌの30~40㎝が一人3~4匹の釣果!他にグレもボツボツもまじる。中堤防のカマスは、30匹ほど釣った人もおり30cm近い良型もボツボツまじりだした。他に活き餌の泳がせ釣りで、ヒラスズキの35cmと55cmも上がった。
浦ノ内湾内の船釣りは、ハイカラ釣りではヘダイやキビレに小型の鯛もまじえてよく釣れていた。



西部エリア


河川全域

吉野川尺鮎大会は9月2日に延期となりました!!
8月30日まで参加者、再募集致しますので、ぜひご参加ください。。


プロフィール

つりぐの岡林

Author:つりぐの岡林
高知の釣りはおまかせ!フィッシングからアウトドアまで揃う専門店。

『つりぐの岡林』の新着イベント情報・最新商品などを紹介します。

釣行の成果をみんなで共有しませんか? 自慢の写真お待ちしています。

釣果情報入力フォーム

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -