今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、水温17℃前後で推移しており内向き外向き共に30~40cmのグレがよく釣れている。外向きでは40cmを頭にクーラー一杯の人も!
中部エリア

宇佐の一文字堤防では、エギングやアジの泳がせ釣りでアオリイカの1Kg前後がボツボツ。フカセ釣りや紀州釣りで、チヌの30~40cmやボラ・アイゴ・タイゴ・サヨリなど釣れていた。サヨリは水面下によく見えており40匹以上釣った人もいた。中堤防では50cmや51cmの大型チヌも上がっていた。
西部エリア

鵜来島の磯では、水島周りで大型オナガグレがよく見えているが,バラシも多く45~50cmクラスの尾長グレはボツボツ上がっていた。また58cmと言う60にもう一息の方も! 磯によっては、イサギが多い所もありイサギ10匹以上に口太グレボツボツの所も!
武者泊の磯は、所によりイサギが多く50匹ほど釣った磯もある。グレもボツボツまじり釣れるのは40~45cmほどの型が多い!

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、水温17℃前後で推移しており内向き外向き共に30~40cmのグレがよく釣れている。多い人では2桁釣りも!
底物場では、石鯛の47cmと55cmも上がった。
中部エリア

宇佐の一文字堤防では、アジの泳がせ釣りでヒラメの48cmやアオリイカの1.4~1.6Kgが出ていた。フカセ釣りではチヌの30~40cmが3~6匹。ボラ・アイゴ・フグも多い。
宇佐の磯では、50cmのチヌやグレの30~40cmがボツボツ。
西部エリア

鵜来島の磯では、場所により大型オナガグレがよく見えているが,バラシも多く45~50cmクラスの尾長グレはボツボツ上がっていた。また磯によっては、イサギが多い所もあり10匹以上にグレやスマガツオなどまじる。
武者泊の磯は、イサギよりグレが増えてきてグレ15匹にイサギ5匹の所などいろいろ。
日振島の磯では、35~45cmのグレが2~10匹ほどの釣果!イサギやイシダイ・ウマズラなどまじる。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、30~40cmのグレ!室戸方面では地磯や堤防で30cm前後のグレが釣れていた。コッパグレも多い。
中部エリア

宇佐の一文字堤防では、フカセ釣りや紀州釣りでグレの25~35cmが10匹以上の釣果!44cmの良型もまじる。ヘダイも30~44cmチヌは45cmが釣れていた。コッパグレやボラ・アイゴ・フグも多い。アジの泳がせ釣りでは、メジロの79cmやアオリイカの1.1~1.3Kgもでた。
中堤防では、アジの泳がせ釣りでヒラメの47cmや50cm!スズキの45cmなど釣れていた。
宇佐の磯では、30~37cmのグレがボツボツ。他にコッパグレやカワハギなど。
西部エリア

鵜来島の磯では、水島周りで大型オナガグレがよく見えているが,バラシも多いよう。45~50cmクラスの尾長グレはボツボツ上がっている。
他各磯では、イサギに口太グレ・ハマチ・アカハタなど合わせてクーラー一杯の人も!
武者泊の磯は、イサギが数よく釣れていたが場所によってはイサギよりグレが増えてきてグレ10匹にイサギ1匹の所などいろいろ。グレは40~45cm前後の良型が多い。他にカワハギやシマアジ・オオモンハタなどまじる。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、水温17℃前後で推移しておりグレは内向き外向き共によく釣れていた。他にスマガツオなどもまじる。底物もイシダイの54cmなど上がっていた。
中部エリア

宇佐の一文字堤防・中堤防では、フカセ釣りでチヌの35~45cmが2~3匹!グレは30cm前後までがよく釣れていた。コッパグレやボラ・アイゴ・フグも多い。
アジの泳がせ釣りでは、ヒラメの49cmやマゴチの45~53cmマダイの58cmなど釣れていた。
宇佐の磯では、38cmの尾長グレや30~42cmの口太グレがボツボツ。他にコッパグレやチヌ・アイゴ・サンノジ・ボラなど。場所によってはボラが多く釣りづらい所も。
西部エリア

鵜来島の磯では、各磯でイサギに尾長グレ・口太グレ合わせて2桁釣り!イサギが多い磯もありイサギ20匹にグレ2匹などの所もあった!
水島周りでは大型オナガグレがよく見えており60cmオーバーの良型に期待大だが、バラシも多いよう。
 武者泊の磯は、水温18度程でグレやイサギがよく釣れており、クーラー一杯の人も!場所によってはイサギ20匹にグレ6匹の所や、グレ10匹にイサギ1匹の所などいろいろ。グレは40~45cm前後の良型が多い。
他にカワハギやシマアジ・スマガツオなどまじる。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤や周辺堤防では、今週強風のため釣り人はあまり居なかったが、まだまだグレはこれから堤防や歩いて行ける地磯で釣れるでしょう。
中部エリア

高知沖の船釣りのテンヤでは、ポイントによりアマダイ・白アマダイが出だした。40cmぐらいまでの型で一人5~6匹!それにイトヨリなどまじる。
宇佐の一文字堤防・中堤防では、フカセ釣りでチヌやヘダイの40cmまでが釣れており良い人5~6匹!グレは30cm前後までがよく釣れていた。コッパグレやボラ・アイゴも多い。
中堤防のアジの泳がせ釣りでは、ヒラメの44cmやヤリイカなど釣れていた。
宇佐の磯では、40cmの尾長グレや30~40cmの口太グレがボツボツ。他にコッパグレやチヌ・アイゴ・サンノジなど。
西部エリア

鵜来島の磯では、イサギがよく釣れている磯もあり20~30匹ほどの釣果!それにグレやスマガツオもまじる。水島周りでは大型オナガグレがよく見えており50cm台がボツボツ出ている! が、バラシも多いよう。
 武者泊の磯は、グレの45cm前後とイサギやオオモンハタなど釣れていたが、週初め水温18.8度でコマサやカイワリなど回遊魚も出ていた。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、水温17℃台で推移しており35cm前後のグレが内向き外向き共によく釣れている。
中部エリア

宇佐の一文字堤防では、フカセ釣りや紀州釣りでチヌやヘダイの40cm前後が釣れており、良い人で5~6匹!グレはフカセ釣りで33cmまでがボツボツ、30cm以下も含めると15匹ほど釣る人も!コッパグレやボラ・アイゴ・タイゴも多い。ガシラ釣りでは、55匹釣った人もいた。
宇佐の磯では、上物釣りはコッパグレも多いが37~38cmまでのグレがボツボツ。多い人で4~5匹!オナガグレもまじる。他にチヌの40~45cmやアイゴ・ボラなど。
西部エリア

鵜来島の磯では、水島周りで大型オナガグレがよく見えており50cm54cm!57cmと良型が出ていた。60も期待大!他の磯では口太グレやイサギもよく釣れていた。
 武者泊の磯は、グレの40~49cmの良型4~10匹ほどの釣果!それにイサギやスマガツオなどまじる。
日振島の磯では40cmオーバーの良型グレが2~5匹それにイサギもまじる。多い人では40~50.5cmのグレを8匹の人などいた。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

今週東部への釣り人は少なく情報は少ないが、室戸方面の歩いて行ける地磯や堤防では、30cm前後のグレなどボツボツ。コッパグレも多い
中部エリア

高知沖の船釣りは、テンヤでマダイやチダイ・ヘダイにオオモンハタなど根魚やネイリなど回遊魚も含め多彩に釣れていた。
宇佐の一文字堤防では、フカセ釣りでチヌやグレの40cmまでが釣れており良い人で5~6匹!30cm以下も含めると20~30匹釣る人も!
コッパグレやボラ・アイゴも多い。アジの泳がせ釣りでは、69cmのハマチもでた。
宇佐の磯では、上物釣りはコッパグレも多いが30~40cmまでのグレがボツボツ。多い人で4~5匹!他にチヌやアイゴなど。
上ノ加江の磯では、グレの30~40cmまでの型を一人4~5匹から多い人で8匹ほどの釣果。
西部エリア

鵜来島の磯では、水島周りで大型オナガグレがよく見えており50cm台の型はボツボツ上がっていたがバラシも多い!今週は59.7cmを釣った人もおり60オーバーに期待だ。
 武者泊の磯は、水温19度台になりグレの40~45cmがボツボツ。
他にオオモンハタやイサギなどもまじる。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸や歩いて行ける地磯や堤防では、グレなどボツボツ。
水温も高くアイゴやサンノジなど外道も多い。
中部エリア

宇佐の一文字堤防では、フカセ釣りや紀州釣りでチヌやヘダイの30~40cmがよく釣れており、チヌ7匹にヘダイ5匹、真鯛1匹など大漁の人もいた。コッパグレやボラ・アイゴも多い。
中堤防でもフカセ釣りでチヌや30cmまでのグレ・ヘダイ・ヒダリマキなどが釣れていた。アジの泳がせ釣りでは40cm台のヒラメや60cmのスズキなども上がっていた。
宇佐の磯では、上物釣りはコッパグレも多いが30~35cmのグレがボツボツ。40cmクラスのも混じる!他にチヌやアイゴなど。
上ノ加江の磯では、底物イシガキダイが好調で、45cmまでを7枚の人などいた。グレも40cmまでの型で一人4~5匹ほどの釣果。
西部エリア

柏島の磯では、グレの30~45cmほどの型がよく釣れておりイサギも交えて好釣果! 
 武者泊の磯は、水温21度台まで上がり場所によってはイサギ祭り!
グレ2~3匹にイサギが15~24匹などの所もあり大漁!グレも型がよく40~45cmクラスが多い。他にオオモンハタやアカハタ・カイワリなどまじる。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸では、内向き外向き共にイサギや45cmまでのモンズマやグレなどボツボツ。
中部エリア

宇佐の一文字堤防では、フカセ釣りや紀州釣りでチヌやヘダイの30~40cmがよく釣れており、2桁釣りの人もいた。フカセ釣りで25~33cmまでグレを20~30匹ほど釣る人もおり40cmオーバーも時折まじる。他に65cmのコロダイや57cmのヒラスズキも出た。コッパグレやアイゴも多い。
中堤防でもフカセ釣りで30cmまでのグレがよく釣れている。他にアジの20cm前後も釣れており、アジの活きエサでヒラスズキも釣れていた。
宇佐は磯でも上物釣りは30~35cmのグレがボツボツ。40cmクラスの口太&尾長も混じる!他にシマアジ・モンズマ・アイゴなど。
西部エリア

 鵜来島の磯では、水島周りで大型尾長グレがよく見えておりバラシも多いが、50cmクラスはボツボツ上がっており、二番奥奥で58cmやトビワタリで62.5cmなど良型も出ている!他の磯でも、口太グレやイサギ・スマガツオなどが釣れていた。
 武者泊の磯は、水温18.8度まで下がりグレも40~45cmがボツボツ。ハエによってはオオモンハタやアカハタ・イサギ・タマメ・ムロアジなどまじる。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸では、上物釣りは内向き外向き共にグレの30~35cmやイサギ・モンズマなどボツボツ。底物は、40cmまでのイシダイ4匹にイシガキダイ2匹の人もおり好調!
中部エリア

宇佐の一文字堤防では、フカセ釣りや紀州釣りで40cmまでのチヌやヘダイなど釣れていた。フカセ釣りで25~33cmまでグレを30匹ほど釣った人もいた!コッパグレやアイゴも多い。遠投カゴ釣りではマダイやコロダイの70cmクラスも出ていた。
中堤防でもフカセ釣りで40cmクラスのチヌや35cmまでのグレもボツボツ。他にアイゴやカワハギなど。
宇佐の磯でも上物釣りは30~35cmのグレがボツボツ。40cmクラスも混じる!コッパグレやアイゴも多い。
西部エリア

 鵜来島の磯では、水島周りで尾長グレの60cmクラスがよく見えており、バラシも多いが50cmオーバーがボツボツ出ている!他の磯でも、口太やイサギが数多く出ている!他にオオモンハタやアカハタなど色々釣れていた。
 武者泊の磯は、ハエによってはイサギがよく釣れ、グレ1匹にイサギ35匹などの所もあり大漁!また別のハエでは40cmクラスのグレ8匹などの所もあった。他にスマガツオやオオモンハタなどまじる。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸や他堤防・地磯などでは、上物釣りはグレの30~35cmやイサギなどボツボツ。まだ水温も20℃以上ありエサ取りも多い。
中部エリア

宇佐の一文字堤防では、フカセ釣りや紀州釣りで40cmまでのチヌやヘダイ・真鯛など釣れていた。コッパグレやアイゴも多い。他にモンズマやイガミも出ていた。
中堤防では、アジの活きエサでヒラメの42~49cm!大きいので67cmを釣った人もいた。またアオリイカの600~700gもボツボツ。
宇佐の磯での底物は40cmまでのイシガキダイ!上物釣りは30~35cmのグレがボツボツ。コッパグレも多い。
西部エリア

 鵜来島の磯では、水島周りで尾長グレの50cmオーバーがボツボツ出ていた!他の磯でも、口太やイサギ・ハマチ・ツムブリ・ネイリ・アカハタなど色々釣れていた。
 武者泊の磯は、まだイサギがよく釣れ45cm前後のグレ3匹にイサギ11匹などの人もおり、イサギの数は多いがグレは良型!他にスマガツオやシマアジ・オオモンハタ・ハガツオなどまじる。


沖ノ島・鵜来島渡船組合では、今年11月より使用出来るエサは
「ボイルオキアミとアカアミのみ」
となっております!釣行の方はご注意ください。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、水温22度台になり上物釣りも良くなってきた!内向きで40cmまでのグレを40匹に、モンズマやシマアジを交えて釣った人もいた。底物では、40cmまでのイシガキダイがボツボツ。
中部エリア

宇佐の一文字堤防・中堤防では、フカセ釣りで40cmまでのチヌやヘダイが3~4匹!コッパグレも多いが、33cmまでのグレも釣れていた。
堤防際のガシラ狙いでは、多い人で40匹の釣果!浜の投げ釣りでは18cmまでのキスが40匹から多い人で75匹の釣果!
中堤防では、アジの活きエサで57cmのヒラメや47cmの大カマスを釣った人もいた。
西部エリア

 鵜来島の磯では、水島周りで大型尾長グレも見え始めたようで、52cm頭に3匹の一もいた。他のハエではイサギが10~30匹釣れた所もあり、それにグレやツムブリ・ハマチ・ネイリなどまじる。
 武者泊の磯もイサギがよく釣れ、イサギ10~17匹にスマガツオやシマアジ・オオモンハタ・45cm前後のグレなどまじる。


沖ノ島・鵜来島渡船組合では、今年11月より使用出来るエサは
「ボイルオキアミとアカアミのみ」
となっております!釣行の方はご注意ください。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、週なかばに大風で釣り人も少なかったが、上物はグレやイサギ・シマアジの30cmクラスなど釣れていた。
中部エリア

高知沖の船釣りは、テンヤ釣りでマダイやチダイにオオモンハタやネイリ・ヘダイ・モンツキイサギイトヒキアジ・イトヨリなど多彩に釣れていた。
宇佐の一文字堤防・中堤防では、フカセ釣りや紀州釣りで45cmまでのチヌやヘダイが3~4匹!コッパグレも多いが、40cmオーバーのグレも時折まじる。ルアーでは64cmのハマチもあがった。
上ノ加江の磯では、矢田部﨑の大バエで54cmのイシダイが出た他、黒ハエで42cmまでのイシガキダイ8匹の人もいた。加江崎のスズメでは35cmまでのグレやイサギもボツボツ。
西部エリア

 柏島の磯では、スマガツオやアカハタ・オオモンハタなど。
武者泊の磯では、グレやスマガツオ・オオモンハタ・アカハタ・など釣れていた。


沖ノ島・鵜来島渡船組合では、今年11月より使用出来るエサは
「ボイルオキアミとアカアミのみ」
となっております!釣行の方はご注意ください。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、内向きでグレやシマアジ!外向きではイサギやモンズマ・モンツキフエダイが釣れていた。
中部エリア

高知沖の船釣りは、ポイントによりティップランエギングでアオリイカがボツボツ。テンヤ釣りではマダイやチダイにオオモンハタやネイリ・ヘダイ・モンツキイサギなど多彩に釣れていた。
宇佐の一文字堤防・中堤防では、フカセ釣りや紀州釣りで30~35cmのチヌやグレが3~4匹!40cmクラスも時折まじる。他にコッパグレやアイゴ・フグなどエサ取りも多い。砂浜の方でキス狙いで18cmまでの型が10~50匹ほど。
中堤防のサビキ釣りではアジゴがボツボツ、フカセ釣りでは30cmクラスのグレやチヌ・アイゴなど。アカメに喰われる事も!!
竜の公園下でも40cmのグレが出た!
磯では35cm前後のグレがボツボツ。コッパグレや大型キツも多い。
底物では40cmのイシガキダイ4匹にイシダイ38cm1匹の人などいた。
上ノ加江の磯では、黒ハエで60cmのイシダイが上がった他イシガキダイの40cmクラスもボツボツ。グレも35cmまでの型で7~8匹の人も。
西部エリア

鵜来島の磯では、グンカン回りで尾長グレやイサギ・スマガツオ・ツムブリなど。
武者泊の磯では、グレにイサギやスマガツオ・オオモンハタ・アカハタ・アイゴなど多彩に釣れていた。


沖ノ島・鵜来島渡船組合では、今年11月より使用出来るエサは
「ボイルオキアミとアカアミのみ」
になりますので、釣行の方はご注意ください。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、シマアジの30cmクラスがボツボツ釣れ始め一人が3~4匹!まだ水温も高く遠投カゴ釣りが、グレやイサギ釣りには良いかも。
中部エリア

高知沖の船釣りは、テンヤ釣りでマダイやチダイがよく釣れている。日によっては、1船でマダイ3匹にチダイ53匹などチダイの数が非常に多かったりする。他にレンコダイやウッカリカサゴ・ヘダイ・イトヨリなど多彩に釣れていた。
宇佐の一文字堤防・中堤防では、フカセ釣りや紀州釣りで30~40cmのチヌやヘダイが3~4匹!コッパグレやアイゴ・フグなどエサ取りは非常に多い。ガシラ狙いでは30匹ほど釣る人も。
中堤防のサビキ釣りではアジゴがボツボツ、アジゴの活きエサ釣りでは56cmのネイリも出た。
磯では30~38cmのグレがボツボツ。多い人では10匹以上釣る人も!他にモンズマやシマアジ。大型キツも多い。
上ノ加江の磯では、底物イシガキダイが好調で40~45cmを5匹の人もいた。
西部エリア

鵜来島の磯では、イサギが好調の所もありミツバエで25匹にナンヨウカイワリなど釣れていた。他のハエではグレもボツボツ。
武者泊の磯では、グレの38cmまでを5匹にイサギやスマガツオ・オオモンハタなどの人もいた。


沖ノ島・鵜来島渡船組合では、今年11月より使用出来るエサは
「ボイルオキアミとアカアミのみ」
になりますので、釣行の方はご注意ください。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

今週は台風通過の影響で釣りに行けない所も多かった。
室戸岬港離岸堤では、例年今頃からシマアジの30cmクラスが釣れ始めるので、グレやイサギと共に期待!
中部エリア

高知沖の船釣りは、テンヤ釣りでマダイやチダイがよく釣れている。他にレンコダイやアマダイ・ネイリ・オオモンハタ・ウッカリカサゴ・ヘダイ・イトヨリなど多彩に釣れていた。
宇佐の一文字堤防・中堤防では、フカセ釣りで30~40cmのチヌやヘダイが3~4匹!コッパグレやアイゴは非常に多い。中堤防では43cmのグレもでた。ガシラ狙いでは30匹ほど釣る人も。中堤防のサビキ釣りではアジゴが30匹ほど。アジゴの活きエサ釣りでは40cmほどのネイリやヒラスズキもボツボツ。
磯では30cm前後のグレがボツボツ!大型キツも多い。
底物狙いでは40~45cmのイシガキダイが5~10匹!イシダイもまじる。
西部エリア

県西部は、今週初めは台風の通過により釣りに行ける所があまり無かった。
武者泊の磯では、上物釣りの釣り人も来だしグレやイサギ、スマガツオなど出ていた。他にツムブリやアカハタ・オオモンハタなど釣れていた。


沖ノ島・鵜来島渡船組合では、今年11月より使用出来るエサは
「ボイルオキアミとアカアミのみ」
になりますので、釣行の方はご注意ください。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、まだ水温は26度ほど! ルアーではモンズマやアカハタなど釣れていた。
中部エリア

高知沖の船釣りは、テンヤ釣りでマダイやチダイにオオモンハタやウッカリカサゴなど根魚!他にレンコダイ・ヘダイ・イトヨリ・ネイリなど釣れていた。
宇佐の一文字堤防・中堤防では、フカセ釣りで30cm前後のグレや30~40cmのチヌやヘダイなどボツボツ。コッパグレやアイゴは非常に多い。竜の公園下や宇佐の磯でも29~35cmのグレがボツボツ!40cmオーバーも時折まじる。磯もアイゴとコッパグレは多い。
エギングでのアオリイカは400~500gがボツボツ。
中堤防のカマスは10~20匹ほど!多い人で50匹だが日のよりムラもある。
西部エリア

鵜来島の磯ではルアーでハガツオ・ツムブリ・ネイリなど!
武者泊の磯もルアーでネイリやモンズマ・ビンナガなど釣れていた。


沖ノ島・鵜来島渡船組合では、今年11月より使用出来るエサは
「ボイルオキアミとアカアミのみ」
になりますので、釣行の方はご注意ください。

河川全域
 
 仁淀川の鮎漁期は10月15日まで!土日がラストチャンスです!

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、グレもボツボツ釣れ出したが上物釣り師はまだ少ない。ルアーではネイリなど回遊魚が狙えるでしょう。
中部エリア

高知沖の船釣りは、テンヤ釣りでマダイやチダイがよく釣れている!
他にウッカリカサゴやオオモンハタ・アヤメカサゴ・ヨコスジハタなど根魚や、レンコダイ・ヘダイ・イトヨリ・ベイケン・ネイリもまじる。
宇佐の一文字堤防・中堤防では、フカセ釣りで30~35cm前後のチヌやヘダイなどボツボツ。コッパグレやアイゴは非常に多い。
青灯台では、チヌの45cmを頭に3匹の人もいた。
中堤防のサビキ釣りでのアジゴは5~20匹ほど!多い人で50匹。
アジゴの活きエサ釣りではヒラスズキの40~50cmもボツボツ。
宇佐の磯では29~35cmのグレが釣れており、多い人では10匹以上!磯もアイゴとコッパグレは非常に多い。
西部エリア

柏島の磯では、ルアーでシイラやヤイトガツオがボツボツ。
武者泊の磯もルアーでネイリやオオモンハタやユカタハタなど釣れていた。水温も27度台とまだまだ高い。


沖ノ島・鵜来島渡船組合では、去年より配合エサの使用がOKになってましたが、今年11月より以前どおり使用出来るエサは
「ボイルオキアミとアカアミのみ」
になりますので、釣行の方はご注意ください。

河川全域
 
 「吉野川尺鮎期間大会」は9月で終了しましたが、まだまだ尺(30.3cm)前後の良型が出ているので、ラストチャンス挑戦してみてください。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、水温27度ほどでまだまだ海は夏だが上物では、グレもボツボツ釣れ出した。ルアーではモンツキフエダイなど出ていた。
中部エリア

高知沖の船釣りは、テンヤ釣りでマダイやチダイがよく釣れている!
1船でマダイ14匹にチダイ52匹と断然チダイが多い。他にネイリやオオモンハタ・キビレ・イシダイ・ヘダイ・イトヨリもまじる。
宇佐の一文字堤防・中堤防では、フカセ釣りや紀州釣りで30cm前後のチヌやグレ・ヘダイなどボツボツ。アイゴは非常に多い。ブラクリ仕掛けでのガシラ釣りは73匹釣った人もおり好調!38cmのクエも釣れた。
竜の公園下では30cm前後のグレが釣れていたが、時折40cmオーバーの良型も出ており、今週は46cmのも出た。こちらもアイゴは多い。
中堤防のカマスは今年は今一つ!25cmまでの型を良い人で30匹ほど。サビキ釣りでのアジゴは20匹ほど!
西部エリア

柏島の磯では、アカバエ廻りでルアーでネイリやハガツオ!するするスルルーでオオモンハタやクロホシフエダイ・アカハタなどでていた。
武者泊の磯では、水温も28.8度とまだまだ高くツムブリやネイリ・オオモンハタ・アカハタ・ハガツオなど多彩に釣れていた。

河川全域
 
 「吉野川尺鮎期間大会」は、30日土曜日がラストチャンス!
大鮎でてます。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、中小型のイシガキダイがよく釣れていた。
ルアーでネイリなど狙える時期なので、回遊魚にも期待だ。
中部エリア

高知沖の船釣りは、タイラバやテンヤ釣りでマダイやチダイがよく釣れている!それにネイリやベイケンなど回遊魚、オオモンハタやウッカリカサゴなど根魚、ほかにヘダイやイトヨリ・レンコダイもまじる。
宇佐の一文字堤防・中堤防では、フカセ釣りや紀州釣りで30cm前後のチヌやグレ・ヘダイなどが釣れていた。ほかにアイゴやタイゴなど。中堤防のサビキ釣りでアジゴが30匹ほど!カマスは25cmぐらいまでの型で10~50匹ほどの釣果。20~40cmほどのネイリもボツボツ。
西部エリア

武者泊の磯では、水温も28.8度とまだ全然夏だ!ルアーではモンツキイサギやオオモンハタ・ネイリやハガツオなど釣れていた。

河川全域
 
 吉野川では、只今「尺鮎期間大会」が9月いっぱい開催中だが今週は、尺(30.3)前後から次々に出ている!今のところの記録は32.5cm!
(いつ記録更新されるかわかりません)これからまだまだ大型が狙える時期なので、皆さんチャレンジしてみては。

プロフィール

つりぐの岡林

Author:つりぐの岡林
高知の釣りはおまかせ!フィッシングからアウトドアまで揃う専門店。

『つりぐの岡林』の新着イベント情報・最新商品などを紹介します。

釣行の成果をみんなで共有しませんか? 自慢の写真お待ちしています。

釣果情報入力フォーム

カテゴリ

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -