今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港では、港内に連日朝一から多くの釣り人が訪れカマス釣りで賑わっている!が朝だけのよう。堤防の先の方では遠投カゴ釣りで、グレ、イサギ、キツ、タカベ、ムロアジなど多彩につれていた。フグなどエサ取りも多く若干釣りづらい。
 

中部エリア

宇佐の一文字堤防では、やや海も荒れ気味だがフカセ釣りのチヌはよく釣れており、30~40㎝が一人3~4匹の釣果!多い人で8匹ほど、46㎝の良型もでた!小型のチヌやグレ、ワカナも多くそれらがエサ取り!グレの30㎝前後もボツボツまじる。
中堤防のカマスは一人10匹ほどで一時期よりやや下火かも。



西部エリア

四国西南部は新着情報がありません。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、ルアーでネイリやネイリ子など当たっている。
 

中部エリア

宇佐の一文字堤防では、フカセ釣りの他、紀州釣りや落とし込み釣りでチヌの30~40㎝が一人3匹ほどの釣果!49㎝の良型もでた!他にグレの29~43㎝を6匹釣った人も。
中堤防のカマスは一人10~30匹!多い人で50匹ほどの釣果!
カマスのエサで泳がせ釣りでは40㎝クラスのネイリもボツボツ!
 サビキ釣りでは、アジゴを一人30匹ほど!底物狙いでイシガキダイの30~40㎝が4匹上がった日もある。




西部エリア

四国西南部は、武者泊の本バエ周辺ではイサギの数釣り!沖磯の方では、ネイリの40~55cmクラスも釣れていた。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、ルアーでネイリやネイリ子、シイラなど当たっている。底物はイシダイがボツボツ。
 

中部エリア

宇佐の一文字堤防では、チヌの30~40㎝が一人3匹ほどの釣果!45㎝の良型もでたが、タイゴやワカナも多く若干釣りづらい。
中堤防のカマスは10匹から多い人で40匹ほどの釣果!
カマスのエサで泳がせ釣りでは40㎝クラスのネイリもボツボツ!中堤防もワカナは多い。



西部エリア

県西部の磯は、鵜来島の水島回りでのルアー釣りでネイリやタマメ、など釣れていた。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、今週釣りが出来てないようだが、今後上物釣りはフカセ釣りや遠投カゴ釣りで、グレやイサギ、シマアジ!ルアーではネイリ、ハマチなど狙えそう。
 

中部エリア

宇佐の一文字堤防では、チヌやヘダイがよく釣れ30~40㎝を3~6匹の釣果!アイゴもまじる。
一文字、中堤防ともキビナゴのエサ釣りや、ルアーでカマスの20~28㎝が釣れており10匹~多い人で45匹ほどの釣果!カマスの泳がせ釣りで40㎝クラスのネイリもボツボツ!
浦ノ内湾内の船釣りは、20㎝前後の良型キスやニロギがよく釣れ、楽しめている。ハイカラ釣りでは、ヘダイやキビレ、真鯛などが当たっている。
須崎沖の船釣りでは、サバやアジがよく釣れ大型クーラー一杯の釣果!中層でサバが釣れ!サバの層を過ぎて下の方ではアジやレンコダイが喰ってくる感じだ。上げてくる途中でシイラにアジを喰われることも。
他にサバフグなど。



西部エリア

県西部の磯は、沖ノ島の二並び回りでのルアー釣りでネイリやオオモンハタ、タマメ、アカハタ、オニカサゴなど多彩に楽しめていた。ミノーやペンシル、ロックフィッシュにはワームやメタルジグが当たりが頻繫にあったよう。
武者泊の磯は3人組でイサギ70匹にタカベ10匹の大漁の組もおりイサギの数釣りが期待大だ。


河川全域
 
吉野川尺鮎大会は予定どおり開催できました!詳しくはブログページをご覧ください。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、上物釣りは35㎝までのグレがボツボツ!ルアーではネイリ、ハマチがあがっている。カンパチクラスのヒットはあるようだが獲り込めてない。
 

中部エリア

宇佐の一文字堤防では、台風後の濁りも少々残っているが、チヌやヘダイがよく釣れ30~40㎝を3~6匹の釣果!アイゴも多い。
中堤防はキビナゴのエサ釣りや、ルアーでカマスの15~25㎝が釣れており10匹~多い人で40匹ほどの釣果!
浦ノ内湾内の船釣りは、キスにタイゴ、アマギ、イシモチなど五目釣りで楽しめている。ハイカラ釣りでは、ヘダイやキビレにコロダイの大型も交えてよく釣れている。
宇佐の磯は磯上がり出来た日は少ないが、底物はイシガキダイの釣果が出ている。38~45㎝まで4匹の人や、55㎝まで釣った人もいた。




西部エリア

県西部の磯は、イサギの数釣りが楽しめるようになりそう。


河川全域
 
25日の吉野川尺鮎大会は、開催予定・・・・・今のところ。
中止の場合、前日昼までに参加者全員にご連絡いたします。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤は、台風通過後に期待!ルアーでシイラやネイリ、スマガツオ!遠投カゴ釣りではイサギやグレ、シマアジなど狙えそう。
 

中部エリア

宇佐の一文字堤防では、台風の影響で船の出てない日もあったが台風接近前はチヌやヘダイがよく釣れ30~44㎝を4~5匹から多い人で14匹の大漁の人もいた。中堤防も海が落ち着いてくればまたカマスや、サビキ釣りのアジゴもおもしろくなりそう。
浦ノ内湾内の船釣りは、台風前ハイカラ釣りでヘダイやキビレがよく釣れており、一人でヘダイを29匹の人や、二人でヘダイを35匹にキビレを11匹!コロダイの65cmを1匹の大漁の組もいた。



西部エリア

県西部の磯は今週台風で釣りに行けてないが、いければまた各地でイサギが好調に釣れそう!


河川全域
 
早まるな 川はまだまだ 増水よ

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、台風通過の影響で釣りに行けてない!また海も落ち着けばルアーでシイラやネイリ、スマガツオ!遠投カゴ釣りではイサギやグレ、シマアジなど狙えそう。
 

中部エリア

宇佐の一文字堤防では、台風の影響で船の出てない日もあり情報はあまりなかったが8日からは渡船も再開しフカセ釣りで30~40㎝のチヌがボツボツ!小型も多い。キビレもまじる。
中堤防のカマスや、サビキ釣りのアジゴは台風後もうひとつのよう。また海が落ち着いてくればよくなりそう。
浦ノ内湾内の船釣りは、ハイカラ釣りでヘダイやチヌ、キビレ、真鯛、コロダイなど釣れており、コロダイは60cmクラスも上がっていた。



西部エリア

県西部の磯は今週台風でほとんどお休み状態、武者泊の磯も台風接近で今週は釣りに行けてないが、いければまた各地でイサギが好調に釣れそう!

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、ルアーでソーダガツオがよく釣れていた!ハマチ、ネイリなどもまじる。
底物釣りは、中小型のイシガキダイが釣れていた。
 

中部エリア

宇佐の一文字堤防では、フカセ釣りでチヌがボツボツ!型は30cm前後が多い。他にグレやアイゴ、タイゴもまじる。
中堤防のカマスは、キビナゴの切り身のエサ釣りや、ルアー、カマスサビキで一人20~30匹!多い人で70匹ほどの釣果。
サビキ釣りでは、アジゴがよく釣れており100~200匹釣る人も!サバゴやワカナもまじる。



西部エリア

武者泊の磯ではイサギが好調で皆さん10~30匹程の釣果!他にタカベやグレ、ネイリ、モンツキイサギなどもまじる。



 第23回高知県鮎友釣り大会は、7月28日鏡川土佐山地区で開催予定でしたが、当日ニゴリが合った為、城の平親水公園に本部を置き、その周辺で開催されました。   釣果は以下のとおり。
1位    21匹
2位~4位 17匹
5位~6位 16匹
7位    13匹
8位    11匹
9位    10匹         以下は一桁 9匹~1匹でした。

河川全域
東部エリア

室戸岬港離岸堤では、ルアーでコマサ(ヒラマサの子)やハガツオなどがボツボツ!大型回遊魚のアタリもあるようだが獲り込めてない。
底物釣りは、イシダイや中小型のイシガキダイが釣れていた。
 

中部エリア

宇佐の一文字堤防では、フカセ釣りで、ヘダイの40㎝前後やチヌがボツボツ!チヌは30cm前後が多いが、40cmオーバーもまじる。
中堤防のカマスは、キビナゴの切り身のエサ釣りや、ルアーで一人20~30匹ほどの釣果!多い人では50~60匹釣る人も!ワカナ、ネイリ子もまじる。
サビキ釣りでは、アジゴがよく釣れており100匹以上釣る人も!



西部エリア

鵜来島の磯はスマガツオやムロアジ、グレやアカハタなど多彩に釣れていた。
武者泊の磯ではイサギが好調で皆さん10~30匹程の釣果!他にグレやネイリ、モンツキイサギなどもまじる。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、ルアーでコマサ(ヒラマサの子)やハマチなどがボツボツ!上物釣りは内向き外向きともに、グレやイサギ、シマアジ、ソーダガツオなどが釣れていた。
 

中部エリア

宇佐の一文字堤防では、フカセ釣りや落とし込み釣りでチヌがボツボツ!30cm以下も多いが、40cmオーバーもまじる。
中堤防のカマスは、キビナゴの切り身のエサ釣りや、ルアーで一人10~30匹ほどの釣果!多い人では50~80匹釣る人もおり、今週最多は127匹!
サビキ釣りではアジゴやサバゴ、ワカナ、ネイリ子などがよく釣れており合わせて100匹ほど釣る人も!
キスは20cmまでの型で、多い人で60匹ほど釣った人もいた。



西部エリア

沖ノ島や鵜来島の磯は各地でイサギがよく釣れており、10匹~20匹の釣果!グレやアカハタもまじる。
武者泊の磯でもイサギは好調で皆さん10~20匹程の釣果。多い人では50匹ほど釣った人もいた。他にグレやハマチなどもまじる。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、ルアーで50~60cmクラスのコマサ(ヒラマサの子)やネイリなどが釣れている、他にシイラや大型青物なども当たっているがバラシも多く獲り込めてない!上物釣りはグレやシマアジ、ネイリ子なども釣れていた。
 

中部エリア

宇佐の一文字堤防では、フカセ釣りで40cmクラスのヘダイがボツボツ!
中堤防でもフカセ釣りで30~40㎝のチヌやヘダイは釣れており、一人3~4匹の釣果!カマスは、キビナゴの切り身のエサ釣りやルアーで一人30匹ほどの釣果!多い人では50~80匹釣る人もおり、今週最多は139匹!
サビキ釣りではアジゴやサバゴ、ワカナがよく釣れており合わせて100匹ほど釣る人も!
浦ノ内湾内のハイカラ釣りは、真鯛やヘダイ、コロダイなど多彩に釣れており、50㎝クラスのマダイを2匹上げた人もいた。ほかにキス釣りはニロギやアマギ、イシモチ、などもまじる。



西部エリア

沖ノ島や鵜来島の磯は各地でイサギがよく釣れており、10匹~20匹の釣果!底物も各地で50~60cmクラスがボツボツ!
武者泊の磯でもイサギは好調で皆さん10~20匹程の釣果。他にグレやタマメなどもまじる。


今週の県下の釣り情報

東部エリア

今週は、台風のような大雨の影響で釣りに行けない所も多かった!
海が落ち着いて来れば、室戸岬港離岸堤ではルアーでネイリやシイラ!遠投カゴ釣りでイサギやハマチなど期待出来そう。
 


中部エリア

宇佐の一文字堤防では、大雨後チヌがよく釣れ小型も多いが30~36センチを5枚の人もいた。他に、ネイリやワカナ、コッパグレなども。
中堤防も上物は35~45cmクラスのチヌやヘダイが釣れており、合わせて6匹の人も!カマスは、キビナゴの切り身のエサ釣りやルアーで一人30匹ほどの釣果!多い人では100匹前後釣る人も!



西部エリア

沖ノ島や鵜来島の磯は各地でイサギがよく釣れており、10匹~30匹の釣果!底物は、各磯で50~60cmクラスがボツボツ!
武者泊の磯でもイサギは好調で多い人で50匹程の釣果。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、ルアーで60cmクラスのハガツオ、ネイリなどが釣れている、他にハマチやシイラなども!上物釣りはグレやイサギ、遠投カゴ釣りでハガツオやシイラ、ハマチなども釣れていた。
 

中部エリア

宇佐の一文字堤防では、タコジグで1.3Kgを頭にタコ7ハイのひともいた。
中堤防のカマスは、キビナゴの切り身のエサ釣りやルアーで一人30匹ほどの釣果!多い人では80~130匹釣る人も!
サビキ釣りのアジゴはよく釣れており100~200匹!ワカナもまじる。
投げ釣りのキスは、10~30匹ほどの釣果
浦ノ内湾内の船キス釣りは、1人で1日100匹超の釣果の人もおり好調!ほかにニロギ、アマギ、イシモチ、ワカナなどもまじる。



西部エリア

鵜来島の磯は各地でイサギがよく釣れており、10匹~30匹の釣果!水島2番奥と奥壁では、50㎝オーバーの尾長グレも出ていた。
武者泊の磯でもイサギは好調で皆さん30匹程の釣果。他にグレやタマメ、子ヒラマサなどもまじる。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、ルアーでシイラやハマチ、ハガツオ、ネイリ子などが釣れており、ヒラマサやカンパチのヒットもあったようだが、取り込めてない。上物釣りは40㎝までのグレが多い人で10匹程の釣果。
 

中部エリア

宇佐の一文字堤防の上物釣りは、30~40㎝のチヌが3~4匹!多い人で6匹程の釣果。他にハマチの60cmも出た!
エギングでは1Kgクラスのアオリイカも出ていた。
中堤防のカマスは、キビナゴの切り身のエサ釣りやルアーで1人10~50匹ほどの釣果、ワカナもまじる。サビキ釣りのアジゴはよく釣れており100~200匹!投げ釣りのキスは、10~30匹ほどの釣果
浦ノ内湾内の船キス釣りは、1人で128匹や次の日には138匹の釣果の人もおり好調!ほかにニロギやワカナなどもまじる。



西部エリア

鵜来島の磯は各地でイサギがよく釣れており、10匹20匹30匹と好調!グレもボツボツまじる。
武者泊の磯でもイサギは好調で二人で80匹や三人で120匹など大漁!グレやネイリなどもまじる。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸の磯は、久々磯上がり出来マルバエではグレ13匹にイサギ4匹!
芝バエではグレ7匹にイサギ10匹!などで、グレとイサギ合わせて2ケタ釣りの所もあった!30cm以下のグレは非常に多い。
室戸岬港離岸堤では、上物は、グレやシオノコがよく釣れていた。
ルアーでは、メーターオーバーのシイラが当たっており、日に5~10匹程上る日もある。他に、ハガツオやネイリ、メジロなど上がっていた。
 

中部エリア

宇佐の一文字堤防の上物釣りは、35cm前後のチヌが2~3匹!今週は47㎝と50㎝の良型もでた。投げ釣りのキスは、20~40匹ほど、エギングでは1~1.4Kgのアオリイカも出ていた。
中堤防のカマスは、キビナゴの切り身のエサ釣りや、ルアーで15~23センチぐらいの型が1人20~40匹ほどの釣果、ワカナもまじる。
投げ釣りのキスは、15匹から60匹ほどでムラもある!
浦ノ内湾内の船キス釣りは、1人40匹から50匹の釣果の人もおり好調!3人組で134匹の組もあった。ほかにニロギやタイゴ、イシモチなどもまじる。



西部エリア

沖ノ島の磯では、イサギが絶好調に釣れており二並まわりなど各磯で好漁!東のハナ高場では100匹超えの日もあり大漁!それにグレも少々まじる!底物は各磯で50~60cmクラスがボツボツ。
鵜来島の磯も各地でイサギがよく釣れており、水島まわりなど10匹20匹30匹と好調!グレもボツボツまじる。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸岬港離岸堤では、中小型のイシガキダイがボツボツ!上物は、グレやイサギがよく釣れており二桁釣り。ルアーでは、メータークラスのシイラが当たっており、日に5~10匹程上がっている。他に、大型のカンパチらしきアタリもあったようだが、取り込めてない。ネイリ子は上がっている。
 

中部エリア

宇佐の一文字堤防の上物釣りは、30~40cm前後のチヌやグレ、ヘダイが3~4匹!
中堤防のカマスは、キビナゴの切り身のエサ釣りや、アジングタックルで15~23センチぐらいの型が1人20匹ほどの釣果、多い人で70~80匹の人も!ワカナもまじる。
投げ釣りのキスは、30匹ほど釣る人もいるがムラもある!
浦ノ内湾内の船キス釣りは、10匹前後から多い人で30匹の釣果!3人組で111匹の組もあった。



西部エリア

沖ノ島の磯では、イサギが絶好調によく釣れており二並まわりなど各磯で20匹!30匹!40匹!と好漁!多い所では50匹超えのハエもあり大漁!それにちょっとグレもまじる!底物は各磯で50~60cmクラスがボツボツ。



河川全域

 仁淀川の鮎は、場所により非常に釣果に差があり、1ケタの所もあれば片岡などでは50匹以上釣った人もおりいろいろ。支流のシャクリでは、60~80匹ほど掛けた人もいた。  

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸の磯は、今週ウネリもあり磯上がりできなかった。
室戸岬港離岸堤では、グレや中小型のイシガキダイがボツボツ!ルアーでは90cmクラスのシイラが当たっており15匹程釣れた日もある。
 

中部エリア

宇佐の一文字堤防は、フカセ釣りで30~40cmのチヌやグレに小型の鯛もまじえてよく釣れており、3~4匹から多い人で10匹前後の釣果!投げ釣りでは30~35㎝クラスのキビレや鯛も釣れていた。
中堤防ではカマスも釣れだし、多い人で50匹ほど釣っていたが、型はまだ15~20センチで小型。
投げ釣りではキスの15~23センチを48匹の人もいた。
浦ノ内湾内の船キス釣りは、10匹前後から多い人で30~40匹の釣果!



西部エリア

沖ノ島の磯では、グレはボツボツだがイサギはよく釣れており、二並まわりなど各磯で20匹!30匹!40匹!と好漁!多い所では50匹超えのハエもあり大漁!!底物は各磯で50~60cmクラスが出ているが30日には一つバエで81㎝の超大型クチジロも上がった!!



河川全域

 物部川の鮎は、友釣りで10~20匹程の釣果!中には50匹ほど掛ける人もいた。  

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸の磯は、今週ウネリもあり磯上がりできなかった。
室戸岬港離岸堤では、グレは36cmまでの型が内向き外向きともに、よく釣れており多い人では15~20匹程の釣果。
 

中部エリア

宇佐の一文字堤防は、ウネリもあり上がれない日もあったが、その後はフカセ釣りで33~46cmのチヌやキビレ、ヘダイが釣れていた! 中堤防でもチヌは46cmまでが出ていた。サビキ釣りではサバゴが減りアジゴがボツボツ。投げ釣りではキスや30cm前後のマダイが釣れていた。
アオリイカ釣りは少しニゴリが取れてからが良さそう。




西部エリア

沖ノ島の磯では、グレはボツボツだがイサギはよく釣れており。二並まわりや三ノ瀬、姫島などで20~30匹!多い所では45匹の大漁の所もあった。
また場所によっては、モンツキイサギやフエフキダイ、ヒラスズキなどの釣果も出ていた。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸の磯は、磯上がりできたのは先週末だけだったが、30~40㎝クラスのグレは、ウスバエで21匹にイシダイの53cmを1匹!フタアナではグレ22匹!底物狙いは大バエでイシダイ36cmを1匹に40~45cmを8匹と好漁!
室戸岬港離岸堤でもグレは35cmまでの型が内向き外向きともに、よく釣れていた。ハマチ&メジロの回遊もありルアーでボツボツ上がっていた。
 


中部エリア

宇佐の一文字堤防は、フカセ釣りで30cm台のチヌやヘダイが3~4匹!また、紀州釣りでグレの45cmと42cmを釣った人も!アジゴの泳がせ釣りやエギングでのアオリイカ釣りは400g~1Kg前後がボツボツ。タコ釣りでは1.89Kgを頭に8ハイの人もいた。
中堤防はサビキ釣りでサバゴよりアジゴが増えてきたようで、100匹ほど釣った人もいた。投げ釣りのキスはムラもあり、5匹~30匹まで皆さんバラバラ!




西部エリア

沖ノ島の磯では、各ハエで50~60cmクラスのイシダイが出ている。12日には白岩の地で65.5cmのイシダイが上がった。上物では、グレはボツボツだがイサギはよく釣れていた。場所によっては、ハマチやハガツオ、モンツキイサギなどの釣果が出ていた。

今週の県下の釣り情報

東部エリア

室戸の磯は、ゴールデンウイーク中はグレがよく釣れ、30~40㎝クラスのグレは、マルバエで30匹!沖のクイで22匹に38cmのイシダイ1匹!マチダバエで22匹など。ハエによりムラもある。
室戸岬港離岸堤でもグレはよく釣れており、30~40cmクラスが内向き外向きともに、10匹前後から多い人では24匹や二人で45匹の組もいた。
 


中部エリア

宇佐の一文字堤防は、アジゴの泳がせ釣りやエギングでアオリイカの1Kg前後がボツボツ。タコ釣りでは500g~1.4Kgまで5ハイの人もいた。堤防際のガシラ釣りでは、大小合わせて80匹ほど釣る人もおり、小型をリリースしても、お持ち帰りサイズは20匹ほどいたよう。
中堤防はサバゴが多くサビキ釣りで狙えばサバゴは入れ喰い!鰯もまじる!その小魚をエサにヒラスズキの43cmと66cmを釣った人も。
宇佐の磯は、ウネリがあり上がれる磯も限られたようだがグレの45㎝を頭に3匹や30cm以上を5~6匹などの釣果があったよう、コッパも多いようだが、チヌや真鯛もまじる。



西部エリア

沖ノ島の磯では、一つバエで65cmのイシダイが上がった他、各ハエで50~60cmクラスのイシダイが出ている。上物では、グレはボツボツだがイサギは10~20匹ほどの釣果が出ていた。ルアーで3日に姫島南のイソで80cmのロウニンアジも上がった。

プロフィール

つりぐの岡林

Author:つりぐの岡林
高知の釣りはおまかせ!フィッシングからアウトドアまで揃う専門店。

『つりぐの岡林』の新着イベント情報・最新商品などを紹介します。

釣行の成果をみんなで共有しませんか? 自慢の写真お待ちしています。

釣果情報入力フォーム

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -